NEWS

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6 開催決定!

日本最大級!若手クリエイターによる最先端映像の祭典
【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6】
11月13日(土) 最終審査・上映会をYouTube Twitterで有明東京ビッグサイトから生配信!
MCハリー杉山さん、審査員&出場12チーム。今年のテーマは「新しい時代 / New Era」

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会(企画制作:株式会社ピクス、株式会社IMAGICA EEX 以下、実行委員会 )は、『東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6最終審査・上映会(以下、PM Award Vol.6)』を、11月13日(土)に無料オンラインライブ配信で開催することになりましたので、お知らせいたします

東京国際プロジェクションマッピングアワードは、新時代の空間映像クリエイター発掘を目的とした日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテストです。最終審査・上映会は、毎年東京ビッグサイト(東京・有明)を舞台に実施されており、今年で6回目の開催を迎えます。

●最終審査・上映会に出場する全12チームが決定!
出場チームは、今年4月に公募を行い、全国の大学や専門学校単位のチームからの多数の応募がありました。その中から企画書等の書類選考による一次審査を実施し、最終審査・上映会に出場する12チームを選出しました。最終審査・上映会に出場するチームは、実行委員会によるオンラインでのワークショップなどのプロによる指導を経て、約4ヶ月間かけてプロジェクションマッピング映像作品の制作をしております。

●今年のテーマは「新しい時代 / New Era」
Vol.6のテーマは「新しい時代 / New Era」としており、今まさに起こっている大きな時代の変わり目で、新しい時代をどう描くのか、若いフレッシュで自由な発想でのびのびと表現してほしいという願いがこめられています。
プロジェクションマッピング上映の舞台は、巨大な逆三角形が二つ組み合わさった形が特徴の東京ビッグサイト会議棟。最終審査・上映会の当日は全チームが東京ビッグサイトに集結し、高さ約30メートル、幅約94メートルとなる日本最大級のスクリーンにて、約4ヶ月をかけて制作した作品を上映いたします。若き才能が火花を散らす熱い戦いに是非ご注目下さい!

●MCはハリー杉山氏 審査員も多彩な顔ぶれ
 MC には、昨年に引き続き、国際感覚に優れ、タレントとして様々なメディアで幅広く活躍するハリー杉山氏を迎え、映像・クリエイティブ業界の第一線で活躍するあさぎーにょ氏、川本康氏、シシヤマザキ氏、森内大輔氏、橋本大佑氏の5名で審査を行います。
ハリー杉山
●映像の祭典をオンラインで鑑賞!
「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成と、プロジェクションマッピングという空間映像技術の高度化と普及を目的に設立されました。最終審査・上映会は、東京ビッグサイトという大きな舞台を通じ、ライブでしか届けられない迫力と感動を体感できる場として一般の方にも開かれたオンラインイベントとなっております。当日の様子は公式YouTubeチャンネルほかにて無料配信を予定しておりますので、ぜひ御覧下さい。
出場チームの作品上映後にはフィナーレとしてプロジェクションマッピングで綴る一夜限りのナイトショーを実施いたしますので、合わせてご期待下さい。

※東京ビッグサイトでは以下基準に達した場合、急遽上映を中止させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
(瞬間最大風速15m以上/状況に応じて中止の場合があります。瞬間最大風速20m以上/中止させていただきます)

開催関係資料

●出場チーム ※ チーム名/出場校、エントリー順
S2Y / 京都精華大学
猫ぷろれす / 佐賀大学
TEAM KIOI / 城西国際大学
いういうば / 日本デザイナー学院
パーティタイム / 城西国際大学
From.九ノ壱 / 大妻女子大学
チームわびさび / 大阪芸術大学
まぁぶる / 東京造形大学
ただの田中。 / 東京コミュニケーションアート専門学校
Fortuna / 千葉商科大学
7seasons / 日本電子専門学校
Bee / 日本工学院八王子専門学校

●審査員
あさぎーにょ(YouTuber / クリエイティブアーティスト)
川本 康(玄光社『コマーシャル・フォト』統括編集長)
シシヤマザキ(アーティスト)
橋本 大佑(演出家 / アニメーション作家 / 視覚芸術アーティスト)
森内 大輔(NHK 営業局 戦略企画部 副部長)

●MC
ハリー杉山
1985年東京都生まれ。日本語、英語、中国語、フランス語の4か国語を操る卓越した語学力を持ち、司会、リポーター、モデル、俳優などマルチに活躍している。主な出演番組にフジテレビ「ノンストップ!」ほか、J-WAVE 「POP OF THE WORLD」、NHK 「どーも、NHK」、NHK BS1「ランスマ倶楽部」などレギュラー出演多数。

●各賞/副賞
応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。
最優秀賞(賞金30万円、トロフィー、賞状)
優秀賞(賞金15万円、トロフィー、賞状)
審査員特別賞(賞金10万円、トロフィー、賞状)

●開催概要 ※予定
東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6
概要:大学生、専門学校生、高校生対象のプロジェクションマッピングコンテスト
主催:東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
特別協賛:株式会社東京ビッグサイト、株式会社IMAGICA GROUP
パナソニック株式会社/パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
後援:経済産業省、東京都港湾局、江東区、日本科学未来館、TCVB(公益財団法人東京観光財団)、CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)、VIPO(特定非営利活動法人映像産業振興機構)、一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
メディアパートナー:CGWORLD、映像新聞、MAXON Computer、月刊サイン&ディスプレイ、
COMMERCIAL PHOTO、東京お台場.net、テレ朝POST
特別協力:ゆりかもめ、りんかい線
協力:株式会社Box Japan、株式会社ワコム、株式会社フジテレビジョン、ヴィーナスフォート、ダイバーシティ東京 プラザ、デックス東京ビーチ、東京ベイ有明ワシントンホテル、東京ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート、ホテルトラスティ東京ベイサイド、東京ベイ・クルーズレストラン シンフォニー、Kawasaki Robostage、有明ガーデン
企画/制作:株式会社ピクス、株式会社IMAGICA EEX

●東京国際プロジェクションマッピングアワード 公式サイト/SNS
公式サイト:https://pmaward.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/pmaward.jp/ 
公式Twitter:https://twitter.com/pmaward_jp
公式noteで制作の様子を公開中!:https://note.com/pmaward/

©東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会