NEWS

「DRUM TAO “祭響“ RELIVE」開催!
高臨場感ライブビューイング「VISIONS」が、驚異の和太鼓エンターテイメントを完全再現!

DRUM TAO “祭響“ RELIVE(リライブ)開催!

株式会社IMAGICA EEX(イマジカ イークス 本社:東京都千代田区 代表取締役CEO兼CCO 諸石治之、以下当社 )は、このたび文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」の一環として、グループ会社である株式会社IMAGICA GROUP(代表取締役社長:布施 信夫、以下「IMAGICA GROUP」)と株式会社IMAGICA Lab. (本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下IMAGICA Lab.)と共に、「DRUM TAO “祭響“ RELIVE(リライブ)」高臨場感ライブビューイング(ディレイ方式)を、1/26(火)に実施いたします。

【 詳細は、「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN 特設サイト

世界観客動員数800万人超を誇る、驚異の和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」の作品「THE BEST LIVE 祭響-Saikyo-」を、IMAGICA GROUPの持つ高臨場感ライブビューイング「VISIONS」の映像テクノロジーを活用することにより、今までにない新しいライブ体験を実現いたします。
幅12.4m×高さ3.5mの大型ワイドスクリーンにDRUM TAOの迫力のある8K高精細映像を投影し、そのスクリーン前に設置したプールで和太鼓の振動を水の波紋で表現、更に水面にプロジェクションマッピングによる演出を行うことにより、空間全体で高い臨場感を実現いたします。この実証実験を通して、新しい形のライブエンタテインメントの可能性を検証し、文化芸術収益力の強化・向上に貢献してまいります。

VISIONS高精細ライブビューイング
●開催概要

名称:文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN
「DRUM TAO」×「VISIONS」高臨場感ライブビューイング
DRUM TAO “祭響“ RELIVE(リライブ)

開催日:2021年1月26日(火)
時間:①13:30受付 14:00~15:00 ②15:30受付 16:00~17:00 ③17:30受付 18:00~19:00
会場:テレビ朝日「EX THEATER ROPPONGI」(東京都港区西麻布1-2-9)
アクセス:日比谷線&大江戸線 六本木駅から徒歩5分千代田線 乃木坂駅から徒歩8分

主催:文化庁、株式会社IMAGICA GROUP
企画・制作・運営:株式会社IMAGICA GROUP、株式会社IMAGICA EEX、株式会社IMAGICA Lab.
協力:株式会社 タオ・エンターテイメント、TAO文化振興財団、テレビ大分、テレビ朝日
参加:ファンクラブから①~③各回60名
上映方式:ディレイビューイング方式(録画)
【 詳細は、「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN 特設サイト


●DRUM TAO について
DRUM TAO ドラムタオ

世界観客動員数800万人超
和太鼓を驚異のパフォーマンスで表現する、新時代の日本エンターテイメント
オフ・ブロードウェイSOLD OUT、Newsweekが「日本を売り込む『顔』になる!」と絶賛。
2019年より東京常設劇場「万華響-MANGEKYO-」上演開始。
2020年、野外劇場を備える芸術村「TAOの丘」オープン!

●作品「THE BEST LIVE 祭響-Saikyo-」について
「THE BEST LIVE 祭響-Saikyo-」

力の限り、前へ、進む。

2020年新作「THE BEST LIVE 祭響 Saikyo」は、27年の歳月を経たTAOがもう一度前進するために、原点に回帰する。困難に立ち向かい乗り越えようと、未来へ動き出すために生まれた伝統「祭り」を熱狂の原動力である「響」で表現。

漆黒の舞台に響き渡るのはTAOの鼓動のみ。すべてを削ぎ落し、音を奏でるために磨き抜いた肉体、魂で楽器と対峙する。自らの手で未来を明るく照らし、未来を紡ぐ人間の尊さ、復興への祈りを響きにのせる。

世界の大きな変化を前に、鼓動の奥底から湧き立つ命の力、感謝の意を胸に、TAOは全力で突き進む。
「今、TAOが世界を元気にする!!」

(演出家 フランコ ドラオ)

【 詳細は、「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN 特設サイト

●VISIONSについて
VISIONS 高臨場感ライブビューイング

[VISIONS]とは、最先端テクノロジーとクリエイティブとコンテンツの融合による新しい映像体験の機会創出を目指す、未来志向型の高臨場感ライブビューイングです。

視覚としての映像ビジョンが、空間や場所を超えてつながることで、様々な体験やコミュニケーションを拡張し、新たな未来を創造します。私たちは、コンテンツに最適化された表現を模索し、自由なフレーム、映像キャンバス、空間デザインを駆使することで、高い臨場感が得られる未来型のライブビューイングを提案します。

映像表現と先進技術を駆使した、今までにない高臨場感ライブビューイング「VISIONS」が、文化の発展や豊かな未来を切り拓くことに貢献してまいります。

【 詳細は、「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN 特設サイト